モバイルWiFiルーターを2台使いしてみて。

Published Post author

私と彼は半同棲しており、お互いにモバイルWiFiルーターを使ってインターネットをしています。
諸事情により、光回線などと言った契約が必要なタイプでインターネットを使ってはいないのです。

モバイルWiFiルーターは、2台使いと言うことになるのですが、いずれ1台を解約する方向で、彼と話をしています。
ただ、解約するにあたり、莫大なお金が発生するため、現在は月々一定額を支払い利用しているのです。
この解約する際に発生するお金がもう少し安ければ、もっと気軽に利用することができるのにと、彼と話すこともしばしばあります。

しかし、このモバイルWiFiルーターは1度使うと、やみつきになることも否めません。
モバイルWiFiルーターは持ち運べる充電器があれば、どこに行っても使えることが、私が使っていてとても良いなと思うポイントです。
ただ、やはり一番困ることは、移動した場所によって電波が入る場合と入らない場合があることです。

一応、私が住んでいる地域は田舎ではありますが、電波状況は良好な方です。
ですが、仕事上パソコンが必要で持ち運ばなければならない時、電波が入らないとなるととても困るのです。
そういう時を踏まえると、今後はもっと生活費を節約してより良い環境を確保することも必要なのだと考えています。

また、モバイルWiFiルーターを解約しようと考えたきっかけは、一定量まで使ってしまうと回線が遅くなってしまうと言う点です。
これは、毎月あるとは限らないことですが、やはりインターネットを使う機会が多い私と彼は、一定量をついつい使ってしまうのです。
自分達がいけないということは重々承知の上ですが、この点をもっと改善してもらえたらさらに利用者が増加するのではないでしょうか。

モバイルWiFiルーターを2台使っているのは、それだけで十分贅沢なことも理解しています。
このことを理解し、使える間はうまく活用して、快適な環境でインターネットを利用していきたいと思います。

2014年7月23日

ネットサーフィンを楽しむならauのHWD14

Published Post author

最近どの家庭にもほぼパソコンが一回に一台あったり、家族全員がスマートフォンをもっているなど、デジタル周辺環境というのはどんどんと進化を遂げてきました。少し前まではお年を召してくると機械に疎くなるなんていう印象も持たれていましたが、現在はパソコンもスマートフォンも扱える方が増えてきているほどです。

だからこそインターネット環境は肌に一番近い情報媒体だと思います。そこから得られる情報や娯楽というのは現在相当種類を増やしてきました。

ですが一人暮らしなどにとってはそんなネット設備を整える固定回線月額料なども非常に負担になることでしょう。便利な通信を取る代わりに毎月高額な請求が入るのですから天秤にかけてしまいますよね。

ですがauのHWD14なら安さも叶えてくれます。今ならスマートバリューの適用で毎月4,292円(税抜き)でWiMAX、WiMAX2+、LTEの3つの通信規格を利用できるHWD14が利用できるのです。更にHWD14ではなく固定回線でスマートバリューを組んでもお得で、使わない付きは372円(税抜き)で管理しておくこともできるのです。

auの最大の強みはスマートバリューの展開です。元々固定回線を取り扱っていたauだからこそできる割引ではあるのですが、キャリアアグリケーションでLTEのキャリアアグリケーションを先行導入するのもauですし、スマートバリューでWiMAXとの連携を取って高速・安定通信を実現しているのもauのみです。そうした通信に対しての取り組みについては評価も高く、利用価値が高いキャリアとも言えるでしょう。

2014年5月10日

WiMAX2の状況やキャンペーン

Published Post author

WiMAX2が登場して早4カ月が経とうとしています。エリア自体は一朝一夕でいきなり大きく広がることはありません。今あるWiMAXの基地局をWiMAX2に変更するための作業は人力で行うため時間がかかります。

では、キャンペーンはどうでしょうか?発売当初はWiFiルーター代の16800円が2800円や0円で買えるものが多かったんですが、今は公式サイトを除いて基本0円になっています。それに加えて各社現金を一定期間継続利用したユーザーに還元したりタブレット端末をプレゼントしています。

現金の還元時期ですが早いところで半年ぐらい、遅いところだと約1年後になっています。元々WiMAX2は2年契約なので現金を受け取る前にやめることはないとは思います。大事な還元額ですが会社によって5000円から12000円と最大で7000円ぐらいの差があります。月額料金2カ月分くらいの差が出るのでかなり大きい差です。

これでいいかなとテキトーに決めてしまうと損する可能性が高いので各キャンペーンの内容をしっかり吟味することが大切です。WiMAX2キャンペーンをチェック!

2014年2月22日

安さで飛び抜けているのがWiMAXです

Published Post author

一番安い価格でインターネットを利用したいと思っている人は沢山います。しかし、インターネットというものはその工事費にしても維持費にしても色々な経費がかかるのが通常であり、その部分を加味するのであればある程度費用がかかってくるのは当然のことではあります。

しかし、無線電波の場合にはそうしたものが不要で、回線を整える必要がありませんから受信機さえあればすぐにインターネットを利用することができるのです。

WiMAXがとても安く、他の業者を押しのけてまでキャンペーンを行うことができている理由は、まさにこうした回線費用を極限まで経費削減できるという利点にあります。

アンテナを設置して広範囲をカバーすれば、それだけでそこにいるユーザーは全員その顧客として活用することができるので、企業側からすれば非常に嬉しい仕組みであると言えるでしょう。

これは利用者側にもきちんと還元されている物で、それは料金であるとかまたはサービスというところに生きてきています。

業者によって関連サービスはそれぞれ違っていますので、どういったサービスが欲しいのか、メールアドレスが欲しいとかWEBサイトを構築したいとかウイルスチェックをやってほしいとか、利用したいサービスを決めておくとより便利に利用することができます。

2014年2月17日

WiMAXは、すぐに買いました!7000円ぐらいで。

Published Post author

WiMAXは、すぐ買いました。飛びつくように…
パソコンが壊れたのをきっかけにタブレット端末にして、その時に一緒に買いました。

日本製のは、タブレット端末一つだけでいける、ということで、日本製で買いました。

無線にしたかったから、WiMAXはかじり付くようにして見て、値段的にもそんなに高くないし、これでずっと無線で使えるならすごくいいと思いました。

二階ですけど一階でもパソコン出来ますから…
夏の暑いとき、一階に避難したこと何回もありますから…
前のMacの時には、もうその部屋以外ではつながってるからパソコン出来ませんでした。
コード延長してもいいんだけど、コードがすごく長くなるから…
今のはWiMAXさえ部屋に置いておけば、無線の届く範囲なら台所まで持っていけるわけだし、外出したときも、WiMAXの白い犬のマークのお店なら、すぐ電源入れたら使えますし…

あんまり、このタブレットを外には持ち出さないけど、一回必要があって持ち出したときもかなりお役立ちでした。

絶対、無線がオススメです!

便利なんて物じゃないです。
始めはそんなに感じないけど、使っていくうちにだんだん良さがわかってきます。
コードがからまったり、ホコリがたくさんたまったりなどはまるっきりなくなりました。

いつも割ときれいですよ。

2014年2月14日

WiMAX回線は外でも利用できます

Published Post author

WiMAXの回線は、外にでていてもそこで利用することができるというとてもいい利点があります。
WiMAXの活用者については、数が増えていますからその利用者の話をどこでも聞くことができます。都会ならば交友関係の中にそうした利用者がいますし、都会でなくてもある程度交通の便が行き届いているところならばアンテナが設置されていることが多いですから、利用が可能となっています。

特に移動しながらの利用は非常に便利で、電車に乗っていたりまたは高速道路を移動しているときにも電波が届く範囲内であればWiMAX回線が利用できるので、快適なインターネットをどこでも楽しみたいという人に最適です。

また、都会で暮らしている人は、ちょっとした外出でも持ち運びをして利用できるのが最大のメリットであるといえるでしょう。

利用するための電波を受信する機械はかなり小型化が進んでいて、小さなものが多いのでそうしたものをレンタルして利用すれば、胸ポケットなどに機械を忍ばせておけばタブレットなどでの快適なネット生活が堪能できます。

しかもそれらの利用の際には、他人にもまた回線を共有させてあげることができるので、友達と会うときにその友達と一緒にネットを楽しむこともできるのです。

2014年2月12日

WiMAXを利用する前にどんなことをやるか決めておくといいでしょう

Published Post author

WiMAXを利用する前にちゃんとどういった用途でこれらの回線を契約するのかということを事前に決めておくと、仕事がかなりやりやすくなります。

スピードを重視しているのであれば、WiMAX回線についてもまた比較的高いプランでの契約が必要になりますし、またそうでなくて安ければいいというのであれば、他よりもずっと安い価格での利用ができるのがこのWiMAXの魅力といえます。

端末を利用するときには固定型を使うかそれとも普及型を利用するのかというところで違いがあって、端末のうち固定型の場合には電波を効率的に受信できるものの、移動して利用するというのは非常に遣り難いという傾向があります。

一方、小型の端末は受信がやりにくいですが持ち運びができるので、外でも利用するという人に向いています。
自分がどういったタイプの利用方法をするのか、そうした部分を事前に決めておかないと、端末をどうするかそして回線速度をどうするのか、というところで準備に失敗することがあります。

契約前に自分の条件をきちんと把握したら、次に必要なのがこれから欲しい物のリストです。WiMAXの多くはタブレット他色々なものが貰えるキャンペーンをやっているので、そうしたサービスを活用して欲しかった物を手に入れることができます。

2014年2月12日

WiMAXの概要に関する基礎知識

Published Post author

WiMAXとは、無線通信の標準規格として認定された技術の1種を指しています。現在一般的に使われている無線通信技術の中でも、WiMAXは新しい技術として知られています。

物理的障害にも構わず通信ができる様にすることや、有線LANを無線でも活用できるようにすることを目的にしたタイプの無線技術と異なり、もともとWiMAXは既存通信網では届かない様な末端地域までの通信を可能にする目的で開発されたと言われています。
しかし現在では技術の進歩に伴い、大容量で高速な通信が可能である点が長所の1つとなりつつあるとされています。

WiMAXを利用する時は、その役割を持った携帯型専用機器、あるいはその役割を持つ部品を内部に導入した製品を使う必要があります。また、現在ではそれらの機能を追加提供するサービスを行っている業者も登場するなど、規格としての存在感を拡大させようとしていると言われています。

こうした特徴を持つWiMAXには、一方で新しい技術であるための弱点として、異なる技術の間で通信を行おうとする、いわゆる互換性に関する統一基準に難があるともされています。

しかしながら、従来での弱点だった通信可能範囲の問題も解消されつつある中、WiMAXが使用可能な条件である場合、利点となる利便性の高さを存分に活用することが期待できる、とされています。

2014年2月12日